ふぁんふぁんニュース
TV

35歳の少女6話ネタバレ感想を紹介します

35歳の少女6話ネタバレ感想を紹介します!

5話の最後で、ママと喧嘩し、家を出て行ってしまった望美。

結人くんの家に転がり込むが、どうなるのでしょうか?

この記事では、「35歳の少女6話ネタバレ感想を紹介します」と題し、35歳の少女6話ネタバレ感想を紹介します!

スポンサーリンク

35歳の少女6話 ネタバレ

25年前、愛美が学校でいじめられると、望美が元気づけてくれる。

仕事からパパも帰ってきてルンルン。

望美がなぜそんなにアナウンサーになりたいか、ママが聞いた瞬間停電でブラックアウト。

 

望美は朝起きるといつもの家ではなく結人くんの家だった。

 

 

愛美は、会社を辞めて、リクルート中。

パパは4話で、お客様の家で酔っぱらって寝ていたため、懲戒解雇された。

 

そして、酔っぱらってママが一人でいる家に帰ってきた。

でも結局「あなたのいる場所じゃないんで」と言って帰らされた。

 

望美は、小学校中退の履歴書を書いて、結人くんは小学校の面接に行くがなかなか難しい。

望美は、タレント事務所に行くがフリーのアナウンサーには年齢制限があると断られる。

だが、結人に合いカギをもらい、一転笑顔に。

 

愛美がハローワークで職探し。

すると隣で聞いたことがある声が…パパも職探ししていた。

結人に誘われ、家に来るがすぐに帰ってしまう。

パパはカプセルホテル暮らし。

 

パパが自宅に帰ってきた。

でも家の中はぐちゃぐちゃで、妻のかなは引きこもっていた。

そして、毎日何か買ってその時だけ出てくるという生活。

達也はどうにかしてもらいたいと言うが、パパはどうにもすることができず…

Tシャツは逆転。

 

望美はこっそり自宅に帰り、昔のカセットテープを聞いた。

何で望美はアナウンサーになりたいかという話の続きを話した。

望美はいろんな人の話を聞いて、それを世界中の人に伝えたい。

世界中の人が幸せになってもらいたいんだと話した。

 

話があると言って、パパと愛美を引き連れママのいる家へ帰る。

豆腐を買ってみんなで食べようといい、「3人でこの家で暮らしたら?」と提案する。

 

ママは、いいけど「4人で」という返事だった。

結人くんは、ほんとうは幸せではない。無理してアナウンサーになるのを応援していると嘘をついていると、ママと愛美から告げられる。

そして、感情が高ぶった望美から、いっそのことあの時しんじゃえばよかったと言われ、ショックを受け行方をくらましてしまう。

 

結人が帰ってきても、望美が戻ってこない。

至る所を探すが、結局望美が結人の家に。

望美からアナウンサーになれると思うと聞かれ、無理だと思うと正直に答える。

自分がみんなの時間を奪っていたと涙する望美。

結人は、どうしていいか分からないけど、ずっとそばにいると言い、キス。

スポンサーリンク

35歳の少女6話感想

error: Content is protected !!