真犯人フラグ

坂東龍汰は英語がすごくてシュタイナー教育?父親や家族についても

ドラマ「真犯人フラグ」に出演の坂東龍汰の英語はすごいのか、気になったので調べてみました。

坂東龍汰が受けたとされているシュタイナー教育や父親など家族についても調べた結果を紹介します。

坂東龍汰の英語やシュタイナー教育、家族について知りたい方はどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

坂東龍汰の英語がすごい?習得法やレベルは?

坂東龍汰は英語が堪能なのでしょうか?

映画「スパイの妻」では英語を話すシーンもありました。

坂東龍汰はプロフィールでは北海道出身となっていますが、生まれはニューヨークなんです。

ニューヨーク生まれということは、英語が話せるのではと思いますね。

 

実際は、簡単な日常会話くらいは話せるというレベルなんだそうです。

英語で芝居をすることはできないと本人が明かしています。

ニュージーランドに留学の経験があり、海外の友人が多いということなので、そこで英語が上達したのかもしれません。

海外の友人と日常会話とはいえ話ができるなら、やはり上手なんでしょうね。

スポンサーリンク

坂東龍汰はシュタイナー教育?幼稚園や小学校はどこ?

坂東龍汰は幼稚園や小学校はどこに通っていたのでしょうか?

以前「an・an」の取材で語られた内容を紹介します。

記事中で坂東龍汰はシュタイナー教育を受けていたことが明かされています。

坂東龍汰の出身地北海道でシュタイナー教育に取り組んでいるのは「いずみの学校」です。

 

「いずみの学校」は、幼稚園から高校まで一貫教育を行っている学校です。

坂東龍汰はここに通っていたんですね。

幼稚園については、「いずみの学校」だったのかは判明していません。

 

坂東龍汰は小学校の頃から演劇のカリキュラムがあったと話しています。

「いずみの学校」では芸術系の教育にも力を入れているようですね。

高校の卒業公演が演技の道へ進むきっかけになったそうです!

 

また、「いずみの学校」が取り入れているシュタイナー教育では、テレビやゲームなどは禁止されています。

厳しいですね~

中学生以降、週に1本だけ映画を観ることができたので、父親が借りてきたDVDを土曜日に観ていたと話しています。

初めての1本は「七人の侍」で、他には「ダイハード」や「ロボ・コップ」などハリウッド映画をよく観ていたそうです。

スポンサーリンク

坂東龍汰の父親は誰で名前や職業は?家族は母親と兄弟も?

坂東龍汰が英語を話せてニューヨーク出身なら、父親か母親が外国人なのでしょうか?

坂東龍汰は父の写真を投稿しています。

後ろ姿ですが、父と祖父のツーショット画像はこちらです。

父親の顔はわかりませんが、祖父の写真は公開されています。

日本人の方で間違いなさそうですね。

祖父は、とても応援してくれていたそうです。

 

父親は破天荒な人だそうですが、名前や職業は判明していません。

坂東龍汰が生まれたニューヨークに仕事で行っていたことから、グローバルな仕事なんでしょうね。

母親については、調べてみた結果全く情報がありませんでした。

 

ですが、坂東龍汰には姉がいる事がわかりました。

顔は見えませんが、姉とのツーショットの画像です。

姉の名前や年齢は不明ですが、画像から想像するかぎり坂東龍汰と年が近そうですね。

坂東龍汰は正月などには実家のある伊達市に帰っているようなので、また家族エピソードがSNSに投稿されるかもしれません!

スポンサーリンク

坂東龍汰は英語がすごくてシュタイナー教育?父親や家族についても【まとめ】

坂東龍汰は英語をどのくらい話せるのか、どのように習得したのか判明しましたね!

家族は、父親や祖父、姉について少しだけですがわかりました。

真犯人フラグや今後の坂東龍汰の活躍も楽しみですが、家族について明かされるのも楽しみです!

error: Content is protected !!