ふぁんふぁんニュース
TV

半沢直樹2第4話のネタバレ感想を紹介します

半沢直樹2第4話のネタバレ感想を紹介します。

視聴率爆走を続けている半沢直樹第2シーズン。

早くも第4話となりました。

東京セントラル証券編も、今回でラストです。

「半沢直樹2第4話のネタバレ感想を紹介します」と題し、半沢直樹2第4話のネタバレと感想を紹介していきます。

スポンサーリンク

半沢直樹2第4話のネタバレ

伊佐山と大和田は、敵対しているように装い、実は裏で繋がっていた。

視聴者は分かっていたけど、半沢も薄々そう考えるようになったのだ。

玉置の父親が経営しているゼネラル電設と電脳の間には特許契約書が存在していたが、電脳が経営困難になった際には、特許権を玉置親子が買い戻せるようになっていた。

半沢はプロパーたちにげきを送り、特許に興味を示しそうな投資家、企業を徹底的にあたり、中堅メーカーの浜畑電子から良い返事をもらう。

しかし、契約当日、浜畑電子はメインバンクの東京中央銀行伊佐山に反対され、断念してしまう。

スポンサーリンク

渡真利が、半沢に大ニュースを報告してくれた。

なんと、伊佐山は大和田を裏切っていた。

帝国航空の事業再建チームに、大和田が総括として、伊佐山は実務チームをまとめる役としてメンバーになっているはずだった。

しかし、大和田が見たメンバーには、自分の名前はどこにもなく、伊佐山の名前だけが記載されていたのだった。

伊佐山は、半沢に土下座した大和田を軽蔑するほどになっており、「準備は念入りに、仕留めるのは一瞬で!」と言い放つのだった。

そして、「土下座野郎…」と言い捨てて伊佐山が会議室を後にした直後、大和田はその場に崩れ去った。

 

半沢は、渡真利から情報を得て、大和田に会いに向かう。

その道すがら、森山に、遺言のように、「自分のために仕事はするな」「客のために仕事をしろ」とバンカーとして培ってきた言葉を残した。

スポンサーリンク

東京中央銀行の地下駐車場で、大和田に歩み寄る半沢。

東京中央銀行の電脳への500億円の追加融資を止めたい。

「力を貸していただけませんか?」そう頼み込む半沢に、大和田は、「死んでも嫌だね。」と全力で打ちかえす。

その上、「負け犬、半沢直樹くん」とせせら笑い、タクシーに乗り込む。

 

半沢は「わたしを利用しませんか。伊佐山を見返すカギを私が持っているとしたら?」とけしかけても、大和田は、2583の愛車から降りることなく、消え去ってしまった。

 

 

その夜、自宅に帰り半沢は、はなに片道切符の出向が決まりそうだと話す。

はなは、「どんな事例が出ようと堂々と帰って来てよね。」と旦那を見守る決心をしたのだった。

 

役員会議が始まった。

伊佐山から500億円の追加融資の稟議が提出され、三笠からの応援の言葉が送られる。

反対意見があると、唯一発言した大和田。

素晴らしい演説でしたが、リスクがあると主張し、詳しい人物から説明すると、ある人物を会議室に呼び込んだ。

それは、半沢直樹だったのだ。

 

前夜、車で去っていってしまったかと思われた大和田は、バックで引き返してきて伊佐山への倍返しとなるカギを教えろと詰め寄ってきた。

半沢としては、タダで教えるわけにはいかず、条件は二つ提示した。

1つ役員会議での発言、もう一つは、電脳と浜畑との契約推進だったのだ。

 

役員会議で、伊佐山の稟議書の欠陥を指摘する半沢。

電脳はなんと、粉飾決算をしていたのだ。

ゼネラル電設を必要以上の資金を出して買収したのも粉飾決算を隠そうとしており、スパイラルを買い取った際には、スパイラルの利益で赤字分を帳消しにしようと考えていた。

半沢は、玉置親子がいる電脳電設(元ゼネラル電設)を訪ね、電脳の裏帳簿のコピーを入手。

原本は、森山を電脳に送り込み、オフィスにあることを確認した。

こんな赤字経営の会社に500億円の追加融資をするなんて半沢は、伊佐山に「500億をどぶに捨てるところだったんだ」と痛烈に批判。

本当の黒幕である三笠は伊佐山を裏切り、謝りなさいと無情にも言い渡し、しぶしぶ声にならない声で伊佐山は謝罪したのでした。

スポンサーリンク

それだけでは終わりません。

半沢は、諸田が半沢からのメモを三笠に握りつぶされたと主張。

森山から送られてきた音声ファイルで、三笠が電脳からもらった金を私的な用途に使いこんでいたことが周知され、役員たちは静まり返った。

中野渡頭取から、半沢はご苦労だったとねぎらいの言葉をかけてもらうのだった。

 

東京セントラル証券に帰ってきた半沢の後ろにいたのは、諸田だった。

半沢は、「みんなに謝れ」ともう一度諸田に促す。

1話で、決して謝らず証券を後にした諸田は、やっと誤った。

 

森山は瀬名から、スパイラルに来ないかと打診を受けていた。

森山は心から悩んだが、結局東京セントラル証券で客のための仕事をする道を選ぶのだった。

 

半沢は、岡社長に呼び出された。

社長室には、銀行人事の横山が。

電脳への再出向を覚悟していた半沢に、岡が嬉しそうな表情で言ったのは、電脳には三笠と伊佐山と諸田だと、驚くべき言葉だった。

半沢は、事態が呑み込めず、自分の処遇について聞くと「東京中央銀行第二営業部」への返り咲きだった。

中野渡頭取からも正式に事例を受け取り、良く戻って来てくれたと言葉をかけてもらい、半沢は再び東京中央銀行への舞い戻ったのだった。

スポンサーリンク

東京中央銀行に戻った半沢を待っていたのは、帝国航空の再建という大仕事。

半沢は、帝国航空の社長たち重役と話をしに行ったが、抜本的な改革には乗り気ではない。

また、担当には半沢のほかに、NY支店帰りの紀本が選ばれたのだが、小料理屋の女将の智美がこの話に聞き耳を立てていた。

 

当時の政府は、支持率低下が著しく、内閣改造に着手。

国土交通省に元キャスターの白井亜希子というサプライズ人事を決行し、なんとその白井大臣が、帝国航空に債権がある各銀行への債権70%カットを言い始めた。

700億円の融資を既に行っていた東京中央銀行は、その70%である500億が損失となってしまう危機に直面してしまったのだ。

スポンサーリンク

半沢直樹2第4話 感想

半沢直樹2第4話の感想を紹介します。

今回は、大和田と伊佐山のバトルが

error: Content is protected !!