ふぁんふぁんニュース
ニュース

イソジン売り切れなぜ起きてる?吉村知事の会見とネットの反応は?

イソジン売り切れなぜ起きてるのでしょうか?原因となる吉村知事の会見とそれに対するネットの反応は?

2020年8月4日、イソジンの売り切れが続出しています。

イソジンは、日本国民なら一度は見たことのあるあのカバのマークの付いたうがい薬。

この記事では、「イソジン売り切れなぜ起きてる?吉村知事の会見とネットの反応は?」と題し、イソジンが売り切れがなぜ起きているのかという原因と、それの真偽を詳しく紹介しています。

イソジン売り切れなぜ起きてる?原因になったのは吉村知事の会見

イソジン売り切れなぜ起きているのでしょうか。

その発端は、8月4日の午後2時半に行われた、新型コロナウイルスの感染者の陽性率についての大阪府の吉村知事の会見です。

吉村知事によれば、市と府の協力で「大阪はびきの医療センター」(羽曳野市)が府の宿泊療養施設の療養者41人を対象に、ポビドンヨードを含むうがい薬によるうがいを1日4回実施したところ、「ポビドンヨード含嗽(がんそう)で宿泊療養者の唾液ウイルスが低下する」結果が得られたという。

Yahoo

『ポビドンヨード』を含むうがい薬は『イソジン』などとして市販されているので、うがいを励行してほしい

朝日新聞.com

吉村知事がおっしゃることには、ポビドンヨードを含むうがい液でうがいをすると、コロナウイルスの陽性率が下がるといいます。

「ポビドンヨードを含むうがい液」として、テーブルの上にイソジンの各パッケージを並べたうえ、イソジンの名前を挙げて紹介しました。

イソジンの効果は?吉村知事の会見内容は本当?

イソジンの効果としては、ポビドンヨードは抗ウイルス薬のため、うがいの後、PCR検査が陰性になってしまうことは事実のようです。

ですが、陰性になったからと言ってコロナウイルスが治ったというわけではありません。

高鳥毛敏雄・関西大教授(公衆衛生学)は、「せきなど風邪症状がある人には有効かもしれない」とする一方で、「予防できると過信させるのは害になりかねない」と健康な人も含めて広く使用されることに警鐘を鳴らした。妊婦や甲状腺疾患がある人の使用にも注意が必要とされ、さらに「口の中や胃腸には(通常は問題のない)常在菌があり、そういったバランスを乱してしまう恐れもある」と述べた。

毎日新聞

その時だけ、ウイルスが居なくなるだけという可能性も考えられるようです。

 

偽陰性の量産…これは、避けたいですよね。

 

会見の数時間後、吉村知事もこんなツイートを発信し、100%コロナが治るというわけではないということを発言しています。

スポンサーリンク

 

 

吉村知事の会見を受け、ネットの反応は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

危険な噂。#ドラッグストア #イソジン #売り切れ

Shin Suda(@shinsuda)がシェアした投稿 –

吉村知事の会見を受けて、ネットでは様々な意見が。

 

などなど、SNS上、今回の#イソジン騒動は、

  • 吉村知事が後先考えず発言したことへの批判
  • イソジンを買いに行った体で、アルコール買っちゃった系ツイート
  • イソジン転売のレポート

などの内容で炎上しております。

スポンサーリンク

イソジン売り切れなぜ起きてる?吉村知事の会見とネットの反応は?

以上、「イソジン売り切れなぜ起きてる?吉村知事の会見とネットの反応は?」と題し、イソジン売り切れの理由、吉村知事の会見の内容などを紹介してきました。

まだまだ新型コロナウイルスの脅威は長引きそうですね。

イソジンのために奔走するかどうかは別として、きちんと手洗いをして予防に努めたいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!