ふぁんふぁんニュース
フィギュアスケート

鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺で病気?脳梗塞で杖を使っている?

鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺があり、病気の後遺症らしいというのは本当でしょうか?

鍵山正和さんは元オリンピック選手で、何度も日本一に輝いた名スケーター。

そして、現在は、鍵山優真選手のコーチを務めています。

 

その鍵山正和さんの身体に麻痺があるとうわさされていますが、本当でしょうか?

この記事では「鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺で病気?脳梗塞で杖を使っている?」と題し、鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺があり病気だったかどうかを調査していきます。

スポンサーリンク

鍵山正和(鍵山優真の父)が麻痺しているのは病気が原因?

鍵山優真さんのインタビュー動画などを見ていると、隣にいる鍵山正和さんがほとんど左側を動かしていないことが分かります。

動かしている手は、いつも右手なんです。

上記の動画の中で、ガラストロフィーを鍵山優真選手が正和さんに手渡すシーンがあるのですが、正和さんは右手だけを使って受け取っています。

ガラスのトロフィーなので両手を使ってもいい場面かと思うのですが、右手のみで受け取ると言うことは、おそらく左手が思うように動かないのでしょう。

 

伝えれれている鍵山正和さんの麻痺の症状をまとめるとこんな感じです。

  • 左手が麻痺している
  • 杖を持っている
  • 左足を引きずるようにして歩いていた
  • 左手は固く握られていることが多い

左側半身の麻痺なのでしょうね。

インタビューにも答えている動画があったので、言語障害はほぼないと思われます。

 

鍵山正和さんの半身麻痺の理由についてですが、このような記事を見つけました。

2018年6月23日、ジュニアグランプリシリーズ派遣選考会で演技を終えた直後、父が病に倒れたのだった。

日本経済新聞

このときの病気が原因で、左半身がマヒしてしまった可能性が高いと思います。

 

では、この時の病気とはいったい何なのでしょうか。

スポンサーリンク

鍵山正和(鍵山優真の父)は脳梗塞で杖を使っている?

麻痺の後遺症が残る病気として、代表的なものに脳梗塞があります。

体の半分が麻痺してしまうことが多いため、片麻痺とも言うそうです。

公式な情報が出ていないため推測ではありますが、後遺症の症状からして、鍵山正和さんはあ脳梗塞になってしまった可能性が高いでしょう。

鍵山正和さんの場合は、左側半分が麻痺してしまい、つえが欠かせなくなってしまったんですね。

 

鍵山正和さん自身も名フィギュアスケーターだったため、未だに覚えているファンもおり心配の声が上がっています。

https://twitter.com/yukyharuka/status/1208711284042039296?s=20

 

 

今まではずっと鍵山正和さんは息子さんの大会に帯同していたのに、脳梗塞を発症した2018年以降1年間以上は帯同できない時期がありました。

その時のことを鍵山優真選手はこう語っています。

こまめにジャンプの動画を撮っては正和にLINEで送り、返ってきたアドバイスをもとに練習を繰り返す。「良い報告をしたいとずっと思っていたので、お父さんがいなくても頑張れた」

日本経済新聞

 

正和さんは無事にリハビリをこなし、2020年のNHK杯ではリンク脇から優真選手を見守っていました。

https://twitter.com/koyuki71834715/status/1208715687968919552?s=20

 

鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺で病気?脳梗塞で杖を使っている?まとめ

以上「鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺で病気?脳梗塞で杖を使っている?」と題し、鍵山正和(鍵山優真の父)は麻痺で病気かどうかについてなど調査してきました!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

error: Content is protected !!