ふぁんふぁんニュース
政治家

金子恵美の実家はどこで両親は韓国人で帰化?父親は元村長?

金子恵美の実家はどこで、両親は韓国人なのでしょうか?

宮崎謙介さんの奥様の金子恵美さん。

2016年に宮崎謙介さんの一度目の不倫後は、宮崎さんの政界復帰をかなり後押ししたようですが、2020年にも不倫が明らかになりました。

今回はいったいどうするんでしょうねぇ。

 

こんな金子さんですが、ご自身の実家は日本国内にあるようですが、韓国にゆかりがあるようで、両親が韓国人では?というウワサがちらほら聞かれます。

この記事では、「金子恵美の実家はどこで両親は韓国人で帰化?父親は元村長?」と題し、金子恵美の実家や両親について、調査していきます。

スポンサーリンク

金子恵美の実家はどこで両親は韓国人で帰化?

金子恵美さんの実家や出生について調べてみたところ、次のことが分かりました。

金子恵美さんの実家は、新潟県西蒲原郡月潟村(現:新潟市南区)生まれ。

母親については分かりませんでしたが、父親は金子由征さんという方です。

 

金子恵美さんが、韓国人?というウワサが経つ理由として、

  1. 金子という苗字が韓国を連想させる
  2. 金子恵美さんが韓国に行ったことがある

この二つが挙げられます。

まず、金子という苗字ですが、「金」という字は中国や韓国の方が好んで使う字らしく、その字が付くために「金子=在日の人」という印象をもっている方がいるそうです。

 

しかし、在日の方以外でも、金子は元々日本に合った苗字ということが、調べてみてわかりました。

# 砂金や砂鉄が採取される土地、鍛治師の祭神「金谷子神」ゆかりの地をルーツとする名字。

# 関東地方から新潟県・山形県にかけて多くみられる。金子氏は室町時代に関東管領の上杉氏に従った。後に北条氏を経て再度上杉氏に従ったため、越後国(新潟県)に金子姓が広がった。

苗字の由来

なので、一概に金子という苗字の人が、在日の人ということにはなりません。

 

金子恵美さんについても、お父さんがれっきとしたお仕事に付いていたので、在日ではないと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

金子恵美の父親は元村長?

 

この投稿をInstagramで見る

 

toshinoriteraura(@toshinn5)がシェアした投稿

金子恵美さんの父親の金子由征さんは、1982年3月7日から新潟県西蒲原郡月潟村の元村長を務めていました。

そんな昔から、地位の高い村長というポジションに付いていたという点からも、在日という可能性は低いと考えられます。

昔は、今よりも在日の方への風当たりは強かったの思いますので…

 

ちなみに、月潟村は、2005年の市町村編成で新潟県南区に合併されています。

スポンサーリンク

金子恵美は韓国に行ったことはある?

金子恵美さんは、韓国にいったことがありました!

大学卒業後、新潟放送に非常勤講師として就職しますが1年で退職。

2002年に「新潟県きものの女王」、2003年にミス日本関東代表に選出されると、その2005年に韓国の梨花女子大学校に留学。

梨花女子大学校は、韓国で初めて建てられた大学なんだそうですよ~

 

金子さんは、この韓国留学中に「韓国に嫌われた私」というエッセイを執筆、日本で販売しています。

この本の口コミを調べてみました!

この作者の女性は一般的日本人の立場から見た、韓国の不思議な習慣、文化的特徴を日本に紹介したところ、韓国人からひどい中傷を受け、帰国を余儀なくされました。

この本は日本人から見た韓国社会の可笑しい所、そして些細な批判すら受け入れることができない誇大化した自尊心に凝り固まる韓国人、特に韓国ネット世論の問題点などを浮き彫りにしていて、なかなか興味深い本だと思う。

マスコミではあまり報道されないが、韓国に住んだことのある日本人なら誰でも似たり寄ったりの経験をしている韓国の一面をよく伝えていると思う。
著者の思考と文筆センスが絶妙に読者の不理解を呼び、著者への懐疑性が高まるのみ。
流石不倫夫と出来婚し、韓国に嫌がらせされました。然し韓国好きですと不可解な妻、見事です。

「韓国に嫌われた私」の口コミは、肯定的な意見、否定的な意見両方に分かれていました…

 

スポンサーリンク

金子恵美の実家はどこで両親は韓国人で帰化?父親は元村長?【まとめ】

以上「金子恵美の実家はどこで両親は韓国人で帰化?父親は元村長?」と題し、金子恵美の実家や両親について紹介してきました!

金子さんの旦那、宮崎謙介さんの不倫事件の結末は、どうなるんでしょうねぇ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!