ふぁんふぁんニュース
呪術回戦

逕庭拳(けいていけん)がダサい?釘パンチや二重の極みと似ている?

逕庭拳(けいていけん)がダサいと言われているようです。

過去のジャンプ漫画の釘パンチや二重の極みと似ているとも言われていますが。

 

呪術廻戦の主人公、虎杖悠仁の必殺技の一つ、逕庭拳(けいていけん)はダサいのでしょうか?

黒閃が出てきてからは、あまり使われなくなってしまいましたが…

 

この記事では「逕庭拳(けいていけん)がダサい?釘パンチや二重の極みと似ている?」と題し、逕庭拳(けいていけん)がダサい?釘パンチや二重の極みと似ている?

スポンサーリンク

逕庭拳(けいていけん)がダサい?

逕庭拳(けいていけん)がダサいともっぱらの評判です。

ツイッターではさほど評判は悪くないのですが、掲示板サイトでは逕庭拳がダサいと炎上気味。

五条先生が虎杖悠仁用にせっかく思いついた技ですが、評判は悪いと言わざるをえません。

異常な身体能力に流れる呪力が追いつけないという要するにただの不具合だったのになんで名前なんて付けたんだよ悟…
これダサいから黒閃あってよかった
野薔薇さんと伏黒の術式が漫画的にもハッタリ効いててかっこいいので 虎杖にもはやいとこ単純な凄いパンチ以上の術式が欲しい
とりあえず気持ちよく戦わせるためにそれっぽい現象に名前つけてみたのかもしれない 悟褒めて伸ばすタイプだし
まあこれはこれでいいんじゃねえのくらいで放置するには微妙すぎる技だった

かなりひどい言われようですねww

ですが、逕庭拳(けいていけん)には、過去のジャンプ漫画のある技に似ているとも言われています。

スポンサーリンク

逕庭拳(けいていけん)と釘パンチや二重の極みは似ている?違う?

逕庭拳を他のマンガに出てくる技に例えると、釘パンチや二重の極みと言う意見が見られます。

釘パンチは、トリコに出てくる必殺技。

釘を打ちつけるように、数回のパンチ(突き)を同時に打ちつけて放つことで、威力が奥まで浸透し内部から標的を破壊するトリコの必殺技。

ピクシブ

そして、二重の極みは、るろうに剣心の相楽左之助の使う必殺技です。

 志々雄一派の十本刀の「“明王”の安慈」こと悠久山安慈より、斬馬刀を失った左之助が命がけで修行して習得した必殺技である。一見するとただのパンチだが、巨岩や大木を粉微塵にするほどの破壊力がある。…

その破壊力は1発目の打撃で物体の抵抗力を殺し、瞬時に2発目を打ち込むことで完全に破壊するという原理により生じるものと説明されている。

ピクシブ

逕庭拳が二重の極みに似ているというツイートもたくさんありました。

 

ただ、細かく言うと、二重の極みは現実に2回打っているので、厳密には逕庭拳とはちょっと違うのかなぁとも思います。

 

釘パンチの方が逕庭拳に近いという意見も。

スポンサーリンク

逕庭拳(けいていけん)の逕庭の意味とは?

ここまで考察してきた逕庭拳(けいていけん)ですが、逕庭と言う言葉にはどんな意味があるのでしょうか?

調べてみました。

《「径」「逕」は小道、「庭」は広場の意》

二つのものの間にある隔たり。懸隔。

goo辞書

虎杖悠仁の繰り出す1発目の衝撃と2発目の呪力での衝撃の間にある隔たり、すき間のことを示しているのかと思います。

スポンサーリンク

逕庭拳(けいていけん)がダサい?釘パンチや二重の極みと似ている?【まとめ】

以上、「逕庭拳(けいていけん)がダサい?釘パンチや二重の極みと似ている?」と題し、逕庭拳(けいていけん)がダサい節や逕庭拳(けいていけん)がダサいか、釘パンチや二重の極みと似ているかどうか、紹介してきました。

虎杖悠仁のプロフィールもチェックして、呪術廻戦を一層楽しみましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!