ふぁんふぁんニュース
クルマ

子供いてもスライドドアはいらない?便利で楽だけど必要ではない?

子供がいてもスライドドアはいらないのでしょうか?

「子供がいる家庭の車には、スライドドアがあると便利!」と思う人が多いですよね。

ですが、実際のところはどうなのでしょう?

「子育てにスライドドアは必須」というのは事実なんでしょうか。

 

わが家はスライドドアのミニバンを利用して早3年。

だいたい「なくてはならない」と思っているのですが、時々「なくてもいいかな…」と思うことあるんですよね。

一見子育てに便利なスライドドアですが、口コミを調べてみると、案外必要なかったり、悪い点もあったりするようですよ~

この記事では、「子供いてもスライドドアはいらない?便利で楽だけど必要ではない?」と題し、子供がいてもスライドドアはいらないのかどうか、まとめていきます!

↓↓新車への第一歩!高価買取はこちら↓↓

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
★査定は一括でカンタン便利★

子供いてもスライドドアはいらない?実際スライドドア無しでも大丈夫

子供がいても、必ずしもスライドドアが必ず必要というわけではない、と言うのが実体験に基づく考えです。

実際、第一子を出産したときは、わが家のクルマ事情はこちら。

  • 軽自動車:ホンダ(N-ONE)
  • セダン:マツダ(アテンザ)

2台ともスライドドアではありません。

 

この2台の車を購入したのは結婚前。

そして、N-ONEとアテンザを購入した理由は、私と夫がそれぞれ好きな車だったから。

なので、わざわざ生まれる子どものために、「スライドドア付きの車にしよう!」と意気込んでクルマを買い替えるという考えはなかったんです。

 

実際に赤ちゃんが産まれて、スライドドア無しの車で乳児子育てをしてみたところ…

出産前からスライドドアなしの生活に慣れていたので、出産後もさほど不便と思うことはありませんでしたよ~

子供はまだ赤ちゃんなので、大人の意のままに乗り降りさせられるだけでしたし。

大人がドアを開けるとき気を付けていれば、赤ちゃんもチャイルドシートに乗せるときも隣の車にドアをぶつけることもありませんでしたしね。

子供がいてもスライドドアはいらない理由はなぜ?子どもの年齢から考える

子供がいてスライドドアはいらないなぁと思うの理由はなぜなのか、と考えた時に、子どもの年齢が重要なポイントになると思います。

実体験と周りのママ友のクルマ事情を見ていると、スライドドアが要らないと思う子どもの年齢の時期は2つあるようです。

  • 子供が赤ちゃんで、自分でドアを動かさない時期
  • 子供が小学校高学年くらいまで成長して、後部座席の開閉に心配が要らなくなる時期

それぞれ詳しく見ていきましょう。

子どもがいてもスライドドアはいらない時期①子どもがまだ赤ちゃんの時

子どもがいてもスライドドアがいらない時期の1つ目として挙げるのは、子どもがまだ赤ちゃんの時です。

子共が赤ちゃんの時は、大人が子どもを抱っこして、チャイルドシートに座らせてあげますよね。

その時、スライドドアの方が、乗せやすさという点で若干便利かもしれませんが、普通のドアでもあまり心配になることはありません。

 

なぜならまだ赤ちゃんの時の子どもは、あまりバタバタ大きく体を動かしてと自己主張することが少ないからです。

もちろん大きな声で泣くことはありますけどね^^

普通のタイプのドアを大人が開閉して、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるので、スライドドアでなくてもドアがけがの原因になるなど、さほど大きな支障は出ないでしょう。

ただ、今は動かない赤ちゃんも数年後にはだんだんと自己主張してくるのも事実。

いずれにせよスライドドアの方が安心と言えるかもしれませんね。

子どもがいてもスライドドアはいらない時期②子どもが成長したとき

子どもがいてもスライドドアがいらない時期の2つ目として挙げるのは、小学校高学年や中学生くらいになって、子どもがある程度成長して、落ち着いてきた時期です。

これくらいの年齢になると、普通のドアをちょうどよく開閉できる筋力も付いてきます。

そして、小さい子供がやるように、むやみやたらとドアをバーンと開けるようなことはしなくなってきます。

子どもがこれくらいの年齢になると、「正直ミニバンはちょっと嫌だな…」と思っている父親も、もう後半の子育て期間でスライドドア無しの好きな車が買えるようになるかもしれませんね。

 

ただ、子どもがたくさんいる家庭は、子どもが大きくなってくると車内の居住空間の観点からもダントツに広いミニバンの方が良いと思うことも。

ミニバンと言えばスライドドアは必須ですねw

子供が高校生中学生くらいになり、スポーツをしていたりすると、なおさら収納力があるミニバンが良くなってきますね。

スポンサーリンク

スライドドアは子どがいるならあった方がいい!必要な時期はいつ?

今まで、子供が赤ちゃんの時、それから子供が中学生近くまで成長したとき、この2つの時期は、スライドドアがなくても良さそうという話をしてきました。

では、子育て中でスライドドアが一番必要になる時期はいつでしょうか。

それはずばり、子どもが保育園幼稚園くらいの幼児から、小学校中学年くらいまで年齢だと言えます!

 

この年代の子供は、ドアの開閉も「自分でやりたい」という気持が強いです。

なのに、力の加減が上手くできないので、ドアをバーンと勢いよく開けてしまいがち…

狭い駐車場でやられてしまうと、怖くて怖くて。

 

子供が毎回車のドアを開けるたびに、大慌てで

「ママが開けるからちょっと待って!」

「絶対気を付けてね!」

「ゆっくり開けるんだよ!」

と緊迫の表情で伝えるのは、本当に気疲れしてしまいます。

スライドドアがあれば、こんな思いしなくていいんですよね~

↓↓スライドドアへの第一歩!高価買取はこちら↓↓

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
★査定は一括でカンタン便利★ 

子供がいるとスライドドアが無い方が良いこともある!デメリットを紹介!

スライドドアのデメリットはあるのでしょうか?

調べたところ、子供の指が挟まれてしまったという事故があるということです。

普通のドアなら起こらない事故が、スライドドアで起こってしまうと思うと、ちょっと心配ですよね。

 

実際に、子どもの指がスライドドアに挟まってしまったというツイートを紹介します。

中には、子どもの指を気を付けていたら、親の自分の指を挟んでしまったと言う人も。

気を付けましょうね。

スライドドアは子供がいるとメリットは多い!便利で楽で安心!

ここまで、子育てでスライドドアが便利な時期やそうではない時期、それからスライドドアのデメリットを紹介してきました。

ですが、やはりスライドドアにはメリットもたくさんあります。

中でもスライドドアの最大のメリットは、子どもがドアを開けた時に、隣の車にバーンとぶつかる心配がないということです。

スライドドアは引き戸なので、隣の車との感覚が狭くても乗り降りできますしね。

 

実際、1人目の子どもの出産時には、スライドドア不要と考えていたわが家も、末っ子が生まれる前にミニバンに買い替え、スライドドア装備となりました。

やはり、スライドドアの付いた車に一度乗ってみると、もう子どもが大きくなるまではスライドドア無しの車には乗れないなぁとしみじみ感じています。

一人目の時には、普通のドアの車で赤ちゃんの乗せ降ろしをやっていましたが、末っ子をスライドドアの車でチャイルドシートに座らせることの、なんと簡単な事か!

愛車のN-ONEは可愛い車であるのは間違いないのですが、この便利さにはかないません!

 

スライドドアは、子どもがいる家庭の強い味方。

スライドドアが不要と思う人も必要と思う人も、自分の子どもの年齢や車の使い方をよく考えてから買い替えするのが大切です!

想定しておくだけでも、子育てにおけるストレスが軽減されますよ♪

子供いてもスライドドアはいらない?便利で楽だけど必要ではない?【まとめ】

以上「子供いてもスライドドアはいらない?便利で楽だけど必要ではない?」と題し、子供いてもスライドドアはいらないのか、まとめてきました!

車選びって大変ですよね~

子どもの安全への配慮はもちろん、自分の価値観やライフスタイルに合った車に乗りたいですね!

↓↓新車への第一歩!高価買取はこちら↓↓

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com
★査定は一括でカンタン便利★
error: Content is protected !!