ふぁんふぁんニュース
恋する母たち

恋する母たち4巻ネタバレ感想を紹介します!

恋する母たち4巻ネタバレ感想を紹介します!

 

3巻では、優子が年下の赤坂とついに…!という感じでしたが、恋する母たち4巻ネタバレではどんな展開が待っているでしょうか?

恋する母たち4巻ネタバレ、スタートです!

スポンサーリンク

恋する母たち4巻ネタバレ

繁秋が丸太郎に弟子入りしたいと言い出した!

蒲原家は、繁秋の退学を境に荒れまくり、家庭内別居状態。

まりは丸太郎と会い、弟子入りを頼んでみるが、あえなく王砕。

逆に、蒲原家の現状を知った丸太郎に、「家庭を守り通せ」と励まされてしまう。

夫の繁樹は毎晩不倫相手の家からの朝帰りで、山下のり子は夫繁樹との会話の音声ファイルをまりに送ってくる始末。

まりは丸太郎に電話をし、つらさを吐露すると、3人で話し合うんだと、根気強くまりを説得します。

まりは夫の繁樹と交渉し、のり子の3人で話し合うことにこぎつけます。

繁樹は、山下のり子がうまく立ち振るまえば、今まで通りの関係でうまく保てると思っていたのだが…

口車に乗せられそうになっても、まりは丸太郎の言葉を思い出し、取り乱さず、子供たちのためにしおらしい妻を演じきりました。

すると、繁樹は家庭を選び、山下をクビに。

だが、まりの夫に対する心は冷めきって、繁樹に戻ることはありませんでした。

スポンサーリンク

ある日、まりは丸太郎の寄席を見に行き、夜ディナーを共にします。

その一方で、繁樹は本当に山下のり子に公私ともに別れを突き付けていた。

丸太郎は、夫への愛が覚めたというまりに、自分がバツ3の理由を話した。

初めの妻クミは、落語に一生懸命な丸太郎を置いて、子供二人と出て行ってしまった。

しかし、その後丸太郎が2回再婚したが、クミからのひどい嫌がらせがあり、妻たちを守るため離婚をしていたのです。

丸太郎は、そんなクミのことをまだ愛していた、一生を背負っていくと決めたといい、結婚はあきらめたと笑います。

実は、この日はまりの誕生日で、繁秋がシンデレラタイムをプレゼントしてくれたのだ。

それを知った丸太郎は、急いで花束を買ってきてプレゼント。

それを見たまりは思わず涙。

キスしてとお願いすると、丸太郎はほっぺに優しく軽くキスしたのだった。

スポンサーリンク

家に帰ると、長女の奈々から、リコンしないよねとと不安そうに質問。

まりの頭の中は丸太郎でいっぱいだったが、やがて夫が帰ってきて、まりが色っぽいと感じ、その夜は…。

それを久々に3人でランチし、状況報告しあうまり、杏、優子。

否は宅建を受けると決め、ランチ帰りに斉木とお茶をすると、有名な建築家のパーティに誘われた。

そして結婚前提に付き合ってくれないかとプロポーズ!

ちょうど研から電話が来て、杏は返事をせず大急ぎで家に帰っていきます。

研と夕食をとっていると、優子から電話が。

研と大介が一緒に勉強することになったといい、週末は優子の家にお邪魔することに。

杏は優子に結婚前提の付き合いをと言われたことを告白。

自信がないという杏に、優子は10年前の傷をいやしてくれる相手を信じてみたらと提案します。

スポンサーリンク

杏はメールをして会いに行くが、斉木は急な取材が入ってしまいます。

バーでずって持っていても来ない斉木。

杏は、優子に研が泊まれるよう頼み、斉木には、うちにきませんかと誘ってみた。

斉木はマンションに来たが、二人はしばらく歩くことに。

斉木は由香とのなれそめやに好意を寄せた時の話をしました。

杏も斉木に今の好きという気持ちを伝えた。

いったんマンションの前で別れた二人だったが、優子からのもったいない!というメールを読んで火が付いたように駆け出す杏。

杏と斉木は一夜を過ごしました。

スポンサーリンク

それからというもの、日中ついついスマホを見てしまう杏に研はうんざり。

スマホを鍵付きの箱にしまおうとして、箱を見たら、慎吾との写真が出てきました。

その場で破ろうとする杏を制し、研はパソコンで削除すると言って写真を持っていきます。

数か月後、杏と斉木と研は一緒に食事をすることに。

話しかけてくる斉木に、研は超無愛想。

帰り道でも査と研はホテルに寄り、杏はニヤニヤ。

そこに、優子からラブラブモードは息子の前に引きずるなとアドバイスメールが。

帰ってから、研から、斉木さんて良さそうな人だと一言。

スポンサーリンク

翌日、杏のところに現れたのは、由香でした。

由香は黙って預かっていた、慎吾が送ろうとしていた生活費の現金書留を届けに来たのでした。

感情を爆発させる杏でしたが、由香がなぜ慎吾を置き去りにしたか答えを聞いてびっくり。

慎吾にほかの女ができておいて言ったというのです。

由香は今は金持ちじーさんと再婚していると言い残して去っていきました。

スポンサーリンク

その時杏は玄関には研の靴があり、杏たちの話はすべて聞かれていたことに気が付きます。

斉木との関係も研にばれて、きもいよと言われショックでなきじゃくり、狂ったように斉木にLINE を送りまくる杏。

斉木と喫茶店で会い、落ち着いてきた杏は、由香は本当はお金に困って言えることを知ります。

研は相変わらずロを利かないまま。

杏は、名古屋での仕事のついでに由香に会いに行きます。

由香はクラブで働いていました。

既婚者だろうが関係ないという恋愛体質の由香に会い、眠れない夜を過ごした杏。

翌日早くに東京に戻ってきて、時間つぶしに映画に行くと、そこにはまりの姿が。

杏は付き合っている人ができたが、研に嫌われたというと、まりは、様えるものなら嫌ってみろとまりらしい言葉が。

最初の女は母親だから。

それを聞き、また杏は帰り道に涙するのでした。

スポンサーリンク

 

 

翌日、斉木とランチをしたら、彼が2年金沢に行くと告げられ困惑します。

ある日杏は家の掃除をしていると、以前破いたはずの慎吾との写真がテープで張り合わせているのを発見。

研には言わずにおきました。

 

そして、ある朝、慎吾が杏の前に姿を現したのです。

与論で口論になったときのことが、慎吾の妻の耳に入り、島を追い出されたと。

行くあてのない慎吾に、杏は母親の家の住所を渡しました。

スポンサーリンク

優子は、赤坂との社内不倫に精を出していました。

2人はホテルの中だけの恋人。

社内にばれても夫にばれても即終了というルールで楽しんでいたのです。

ある夜、優子は夫のシゲオから、故郷の与論でフリースクールを開く叔父の手伝いをすると聞かされます。

杏との話を聞くと、母親として薄情な自分や、母親としてやり直すことができるか悩む優子。

ですが、会社でぼんやりする時間は赤坂のことを考えてしまっています。

それでも仕事に達成感を感じていたとき、突然今日は合コンにいっていたはずの赤坂が、会社に戻ってきて、優子を押し倒したのです。

スポンサーリンク

恋する母たち4巻感想

不倫が切ないのは、子どもの心が絡んでくるから!

それを見せつけられたのが今回の4巻でした!

杏の研の複雑な心境やまりの長女のパパとママの離婚を心配する視線が…

読んでいて、うーんとうなるほど切なくなりました!

 

でも、杏の素直に斉木を好きって気持ちや、まりの丸太郎への好意は、めちゃめちゃ共感するんですけどねw

 

特にまりの、夫への気持ちが冷めちゃうのって分かるかも。

今まで愛人と好き放題やっていて、愛人との関係がバレちゃったらいきなり家庭を選ぶって虫が良すぎる!

そんな夫への感情が冷めきっちゃうのは、当然って思うのはわたしだけ?

 

丸太郎も、本当はまりのことずっと好きなのに、まりのことを想って線引きしているのがかっこよすぎる!

ホントいい男だと思う!

 

そして、一番たちの悪い女優子w

案の定、社内不倫から抜け出せなくなってる~

与論に家族で行っちゃえば、赤坂も目が覚めるだろうけど、どうするつもりなのか…5巻が楽しみですね!

スポンサーリンク

恋する母たち4巻ネタバレ感想まとめ

以上「恋する母たち4巻ネタバレ感想を紹介します」と題して恋する母たち4巻ネタバレ感想を紹介してきました。

5巻のネタバレ感想はこちらです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

error: Content is protected !!