ふぁんふぁんニュース
スポーツ

国枝慎吾の車いすメーカーはどこで値段はいくら?ラケットやウェアも

国枝慎吾の車いすメーカーはどこなのでしょうか?

また、車いすテニスに使用しているあの車いすの値段はいくらするのでしょう?

すごくタイヤが傾いていて、攻めてるデザインな感じがしますが、特注だったりするのでしょうか。

ラケットやウェアについても調べていきますね!

この記事では「国枝慎吾の車いすメーカーはどこで値段はいくら?ラケットやウェアも」と題し、国枝慎吾の車いすメーカーはどこかや値段についてまとめていきます。

スポンサーリンク

国枝慎吾の車いすメーカーはどこ?オーエックスエンジニアリング!

国枝慎吾の車いすメーカーはどこなのでしょうか?

調べてみたところ、競技用車いすメーカーの”オーエックスエンジニアリング”という会社でした!

千葉県千葉市にある会社なんですね~

 

”オーエックスエンジニアリング”では、こんな車いすや製品を作っています。

  • 一般向け大人用車いす
  • 競技用車いす
  • 子ども用車いす
  • 犬用車いす
  • 自転車(製造修了)

国枝慎吾さんは、車いすテニス使っているのは競技用の車いす。

東京パラリンピック2020でも19人の選手がオーエックスエンジニアリングの車いすを使用し競技を行います!

数少ない国産の車いすメーカーで、車いす界のポルシェと呼ばれるほどなんです!

同社は東京パラリンピックで主将を務める車いすテニスの国枝慎吾選手をはじめ、国内外のパラアスリート向けに競技用車いすを30年ちかく開発製造してきた。これまで同社の競技用車いすを使った選手が獲得したメダル数は100個を超える。

ヤフー

メダル100個ってすごすぎませんか?

スポンサーリンク

 

国枝慎吾の車いすのモデルは何で値段はいくら?

国枝慎吾さんの車いすは特注品。

モデル名こそ明らかにされていないようですが、国枝慎吾さんの特別仕様で、国枝さん自身がメーカーと一緒に作り上げてきた自分の分身とも言うべき車いすなんでしょうね~

「競技用車いすは選手といっしょにものすごい時間をかけてつくり上げるんです。一人一人の体や動きに合わせてつくりますから、一見、同じように見える車いすでも、微妙に違う。だからみなさん、予備機を持たない。乗り換えて、ちょっとでも合わなかったらダメなんです」

ヤフー

国枝慎吾の車いすの値段も分かっていませんが、一般の車いすがメーカー価格が80000円ほど。

国枝慎吾の車いすは材質も形状も設計も違いますし、オンリーワンのモノなので、はるかに高そうです!

別の車いすメーカーの車いすテニス用の車いすは、値段が公開されていました。

284,900円~

一体国枝慎吾選手の車いすはいくらするんでしょうね~

もしかしたら100万円くらいするのかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

国枝慎吾のラケットのメーカーはどこ?モデルは?

国枝慎吾のラケットは何を使用しているんでしょうか?

YONEXの公式ウェブサイトによると国枝慎吾さんの使用ラケットは

YONEX EZONE98

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Kunieda(@shingokunieda)がシェアした投稿

青のフレームが目を引きますね!

こちらは、ノーマル使用は楽天などECやスポーツ用品店でも販売されています。

ですが、国枝選手レベルになるとカスタマイズされている可能性も。

※ヨネックス契約選手は表示されたモデルとは異なる仕様、カスタマイズされたラケットを使用する可能性があります。

YONEXの公式ウェブサイト

まったく同じかどうかは微妙なところですが、国枝選手と同じラケットということで、テニスが上手になれそうな気もします。

スポンサーリンク

国枝慎吾のウェアメーカーはユニクロ!

国枝慎吾のウェアメーカーはユニクロです。

テニスの錦織圭選手のスポンサーをユニクロがやっているということは有名かもしれませんが、なんと国枝選手の方がユニクロと先にスポンサー契約をしていたらしいですね!

ユニフォームも板についています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shingo Kunieda(@shingokunieda)がシェアした投稿

東京パラ2020のモデルは発売するニュースは無さそうですが、過去にはユニクロのユニフォームを発売したこともあったようです。

今回も発売すると良いのにな~と思ってしまいました!

スポンサーリンク

国枝慎吾の車いすメーカーはどこで値段はいくら?ラケットやウェアも【まとめ】

以上「国枝慎吾の車いすメーカーはどこで値段はいくら?ラケットやウェアも」と題し、国枝慎吾の車いすメーカーなどについてまとめてきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

error: Content is protected !!