ふぁんふぁんニュース
ジャニーズ

佐野晶哉は劇団四季子役でもジャニーズ入所理由は何?入所日はいつ?

佐野晶哉が劇団四季で子役をしていたことはご存じでしょうか?

佐野晶哉のヤングシンバ役は、大人になった今では見ることができないのか、気になります。

今回は、佐野晶哉が劇団四季で子役をしていた頃の情報を紹介します。

佐野晶哉が劇団四季にいたのになぜジャニーズに入所したのかもご覧ください。

スポンサーリンク

佐野晶哉は劇団四季に子役で所属していた?舞台はライオンキングやサウンドオブミュージックに出演?

佐野晶哉は劇団四季の「ライオンキング」にヤングシンバとして出演していました。

劇団四季の子役は、オーディションで選出されます。

佐野晶哉もオーディションを受けて見事合格し、ヤングシンバを演じました。

 

実は、佐野晶哉は劇団四季のヤングシンバ役以前に「サウンド・オブ・ミュージック」でクルト役も演じていました。

なんと、クルト役出身でヤングシンバ役を演じたのは、劇団四季でも佐野晶哉が初なんです!

 

劇団四季の演出は、例え子役に対してでも厳しく、オーディションに合格した子達であっても舞台に立てるほどの仕上がりでなければ出演できません。

数人いる子役全員が間に合わなかったら、大阪公演の子役の代わりに東京のできる子役が出演するという徹底ぶりです。

そんな厳しい中、見事舞台に立った佐野晶哉はすごいですね!

ライバルも多く、オーディションに合格はしたけれどステージには立てなかった子もいる中で快挙だと思います!

当時のオーディションから練習の様子をご覧ください。

佐野晶哉は劇団四季ファンからも「クルト役でもお気に入りだった」「ヤングシンバ12人の中でも別格」と言われるほどの才能を発揮していたようです。

「ライオンキング」の動画は数多くあるのですが、佐野晶哉が出演している回のものは、残念ながら見つかりませんでした。

聴いてみたかったんですけどね~

しかし、デビュー後に佐野晶哉が劇団四季で歌っていた曲を披露しています。

いつか当時の映像を観れたらいいなと思います。

スポンサーリンク

佐野晶哉のジャニーズ入所理由は何?きっかけは?

佐野晶哉が劇団四季の子役で活躍していたことはわかりました。

劇団四季で活躍していたのに、ジャニーズに入所したのは何がきっかけだったのでしょうか?

 

まず、劇団四季の子役について解説します。

劇団四季の子役は、劇団四季に所属している訳ではなく、子役としてオーディションを受けてその期間だけ出演します。

子役としてヤングシンバを演じることができるのは、9~12歳の子で、12歳を越えてしまったらヤングシンバは演じられないんですね。

佐野晶哉は劇団四季を辞めたのではなく、年齢に達したから卒業したのです。

 

そこで、大人になってから劇団四季に所属するという道もあったのに、なぜジャニーズ入所なのでしょうか?

佐野晶哉がジャニーズに決めたきっかけは、兄の友達が出演していた堂本光一の「Endless shock」を観劇し、魅了されたことなんです。

このときの堂本光一を「王子様みたいにかっこいい」と表現しています。

 

また、好きな舞台に出たい、歌をうたいたいという気持ちも強かったようです。

「Endless shock」を一緒に観た母の理解もあったからこそでしょうが、ジャニーズのオーディションを受けるきっかけはここにあったのだといえますね。

スポンサーリンク

佐野晶哉のジャニーズ入所日はいつ?

佐野晶哉は劇団四季のヤングシンバ卒業後いつジャニーズに入所したのでしょうか?

劇団四季のミュージカルに出演していた期間は2012年10月~2014年3月までです。

その後、2016年8月2日にジャニーズに入所しました。

 

佐野晶哉がジャニーズのオーディションで課題とされていたのは、関西ジャニーズJr.のオリジナル曲『Dream Catcher』です。

どんな曲か知りたい方は、以下をご覧になってください。

小学校を卒業する頃に劇団四季のヤングシンバ役も卒業し、高校1年の時にジャニーズに入所しています。

前述した、入所のきっかけとなる「Endless shock」は、2013年から大阪の梅田芸術劇場でも上演されるようになりました。

おそらく、中学生の時にジャニーズ入所を考えるようになったのでしょう。

スポンサーリンク

佐野晶哉は劇団四季子役でもジャニーズ入所理由は何?入所日はいつ?【まとめ】

ここまで、佐野晶哉が劇団四季の子役だった頃の情報とジャニーズ入所のきっかけについてご覧いただきました。

佐野晶哉のヤングシンバ、観てみたかったですね。

実力のある佐野晶哉なら、今後ミュージカルで活躍する日が来るかもしれません。

これからの活躍から目が離せませんね!

error: Content is protected !!