ふぁんふぁんニュース
ウーブンシティ

ウーブンシティは英語が公用語?理由や目的は何で世間の声は?

ウーブンシティは英語が公用語というのは本当でしょうか?

理由や目的はいったい何なのか、気になりませんか?

この記事では「ウーブンシティは英語が公用語?理由や目的は何で世間の声は?」と題し、ウーブンシティは英語が公用語という情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ウーブンシティは英語が公用語?

ウーブンシティは、英語が公用語として使用されるそうです!

 

日本の片田舎に近未来都市ができるというだけで驚きなのに、それも公用語が英語!

入居する人たちは使えるのか、町の看板やお店でもやり取りも英語なのか、正直疑問に思うことがたくさんありました!

 

ウーブンシティ自体もまだまだ着工段階なので、今後決まっていくことが多いと思います。

ウーブンシティの英語の公用語化についても、引き続き情報を期待することにしましょう。

 

ところで、ウーブンシティを作るトヨタ自動車は英語が公用語になっていたのでしょうか?

スポンサーリンク

日本で他に英語が公用語になっている企業は?

ウーブンシティを作っているトヨタ自動車では英語は公用語になっていません。

ちょっと、あれ?と思いませんか?w

 

その一方で、日本にはいくつか英語を公用語化している会社もあるんですよね。

残念なことではありますが、ごくわずかなのですが、紹介していきます。

株式会社ファーストリテイリング

ユニクロで有名な会社です。

社内の会議資料など、幹部クラス以上は英語ができることが必須のようです。

楽天株式会社

2012年から社内公用語が英語になっています。

日本人同士での会議もできる限り英語を使うと言う徹底ぶり。

 

以上の2社が、英語公用語化をかなり進めている企業と言えるでしょう。

その他の企業

他にも英語公用語化に向けて準備段階の企業もありました。

  • アサヒビール
  • 武田薬品
  • ソフトバンク
  • 日産自動車

これらの会社も英語の公用語化に向けて進んではいますが、まだ完全実現には至っていないようです。

スポンサーリンク

ウーブンシティは英語が公用語の理由や目的は何?

ウーブンシティは英語が公用語の理由や目的は何?

それでは、英語を公用語にしていないトヨタが作るウーブンシティが英語を公用語にする理由は何なのでしょうか?

日本人の英語力の向上という目的も無いわけではないのでしょうが、豊田社長はこんな目的もあるとお話しています。

研究や生活には英語が使われる。豊田社長は1月のテレビ番組で「公用語は英語」と明言し、「日本語で話して自動翻訳機みたいなものも出てくる。そういう実験もできるわけです、この街は」と述べている。

朝日新聞

自動翻訳機の実験ということです!

英語で上手く言ったら、他の言語でも実験することができますし、インターナショナルな街になりそうで面白そうですね!

もしかしたら、自動翻訳機はすごく発達すれば、個人として英語が話せなくても問題なくなる可能性も出てくるかもしれませんね。

 

ファーストリテイリングや楽天とはまた一味違った目的での英語公用語化。

ウーブンシティのスマートシティへの取り組みがますます楽しみです。

スポンサーリンク

ウーブンシティが英語が公用語に対する世間の声は?

https://twitter.com/925__niconico/status/1364433316569489412?s=20

なかなか好印象のようです!

スポンサーリンク

ウーブンシティは英語が公用語?理由や目的は何で世間の声は?【まとめ】

以上「ウーブンシティは英語が公用語?理由や目的は何で世間の声は?」と題し、ウーブンシティは英語が公用語になるというニュースについてまとめてきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!