真犯人フラグ

小林優仁は歌舞伎になぜ出演で演目は?事務所はどこに所属してる?

「真犯人フラグ」に出演の小林優仁は歌舞伎に出演していました。

小林優仁が歌舞伎になぜ出演したのか、きっかけなど調査しました。

出演した演目や、現在の所属事務所についても併せて調べました。

「小林優仁は歌舞伎になぜ出演で演目は?事務所はどこに所属している?」と題して紹介します。

スポンサーリンク

小林優仁は歌舞伎になぜ出演?歌舞伎役者?理由や経緯は?

10月スタートのドラマ「真犯人フラグ」に出演の小林優仁は、可愛らしいルックスと演技力の高さが子役ながら高く評価されています。

その演技力と評価される秘密について調査しました。

小林優仁の役者デビューは6歳の時で、なんと歌舞伎座の公演でした!

小林優仁は歌舞伎になぜ出演したのでしょうか?

父親が歌舞伎俳優というわけではありません。

実は、4歳の時に松竹の歌舞伎スクール寺子屋のオーディションに合格し、三期生として学んだそうです。

その流れで歌舞伎座の公演に出演なら、納得ですね。

 

子役をするなら、子役タレントなど他の事務所に所属するなどの道もあったと思います。

それでも小林優仁が歌舞伎をなぜ選んだのか、それは母親の教育方針に理由があります。

 

小林優仁の母親は、バレリーナとして海外で活動していました。

その時に、日本のことをよく知るべき、日本人としてのアイデンティティの大切さに気付いたとのこと。

それがきっかけで日本の伝統芸能や芸術などに興味を持ち、息子である小林優仁にも教えたいと思ったそうです。

 

そして、歌舞伎は伝統的な礼儀作法を学ぶには最高の環境だと考えたのだとか。

歌舞伎スクールでは、礼儀作法の他に日本舞踊や歌舞伎の演技なども学び、それが今に活かされているのですね!

スポンサーリンク

小林優仁が歌舞伎に出演の演目や役柄はは何?

小林優仁が歌舞伎になぜ出演していたのかわかったら、その演目も知りたいですね。

小林優仁が出演した歌舞伎座の公演は何という演目だったのか紹介します。

2017年の歌舞伎デビューは、8月公演の「刺青奇偶」で長屋の子の役でした。

同じく2017年の9月公演では「彦山権現誓助剱~毛谷村」の弥三松役を演じました。

そして2019年の7月公演「高時」では犬役を演じています。

歌舞伎座の公演で、小林優仁は市川中車・中村七之助・松本幸四郎(松本染五郎)・尾上菊之助と共演したなんてすごいですね!

歌舞伎の練習について、小林優仁は「楽しかった」と話しています。

腹式呼吸や発声法などを学んだことが、現在の高い評価を得る演技につながっているのでしょう。

スポンサーリンク

【小林優仁の事務所はどこ?出演作品は?】

小林優仁の所属する事務所はどこなのでしょうか。

「OfficeU」に所属している事は別記事でも紹介しています。

小林優仁は「OfficeU」の他にも所属している事務所があります。

所属するもう一つの事務所は「OFFICE MINAMIKAZE(オフィスミナミカゼ)」です。

 

なぜ2つの事務所に所属しているのでしょうか?

「OfficeU」は、事務所の住所が父が経営していると思われる学習塾と同じで、電話番号も携帯電話になっています。

これらのことから、両親のどちらかが代表なのではないかと考えられます。

 

おそらく「OFFICE MINAMIKAZE(オフィスミナミカゼ)」にマネジメントを委託しているのでしょう。

個人事務所を設けることで、節税対策になるという可能性もありますね。

 

では、歌舞伎以外の出演作品はどのくらいあるのでしょうか?

テレビ番組では、2021年に「桜の塔」で主人公「上條漣」の幼少期役を演じています。

そして、話題になったのが2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」の「渋沢栄一」幼少期の役ですね!

吉沢亮と玉木宏が演じる役の幼少期役なんて、さすがのルックスですね!

それ以外にもラジオ番組「Space Brothers」(FMとおかまち)「ひるどき!さいたま~ず」(NHKさいたま放送局)など幅広く活動しています。

まだ10歳の小林優仁は、これから活躍の場がどんどん増えていくのでしょうね。

スポンサーリンク

小林優仁は歌舞伎になぜ出演で演目は?事務所はどこに所属してる?【まとめ】

小林優仁は歌舞伎になぜ出演したのか、その演目や所属事務所について紹介しました。

母親の教育方針があって歌舞伎を学ぶきっかけができたんですね!

歌舞伎スクールで学んだ経験を活かした演技は、これからも楽しみです!

「真犯人フラグ」も見逃せませんね!

error: Content is protected !!