作家

『推し、燃ゆ』はオタク向けで映画化?ネタバレあらすじや感想を調査

『推し、燃ゆ』はオタク向けというのは本当でしょうか?

ネタバレあらすじや感想を調べてみました!

 

芥川賞を受賞した『推し、燃ゆ』。

どんな作品か気になりますね~

 

「推し」という言葉が入ったタイトルからして、イマドキな感じがするのはわたしだけでしょうか?w

作者は有名私立大学2年生笑顔がかわいい宇佐見りんさんです。

 

この記事では、『推し、燃ゆ』はオタク向けで映画化?ネタバレあらすじや感想を調査と題し『推し、燃ゆ』はオタク向けなのか、ネタバレや感想について紹介していきます!

本記事は、ネタバレ内容を含みます

スポンサーリンク

 

 

『推し、燃ゆ』はオタク向け?ネタバレは?

https://twitter.com/yukinkoO____/status/1351843828227948547?s=20

宇佐美りんさんの『推し、燃ゆ』は、あるアイドルのファンの女子校生あかりの物語。

ある日そのアイドルが、ファンを殴り炎上するところから話が始まります。

 

あかりはファンと言ってもオタクほどにアイドルのことを推している、いわゆる熱狂的なファン。

そんなあかりのオタク具合が気になる、自分を重ね合わせているというコメントが多かったです!

 

スポンサーリンク

 

『推し、燃ゆ』の映画化希望の声!

芥川賞受賞が決まったばかりの『推し、燃ゆ』。

なんと、早くも映画化希望の声が多数SNSで挙げられています!

オルタネートは残念でしたが、次作にも期待ですね!

キャストの予想をされる方も!

もし沼津出身の磯村勇斗くんが主演なら、作者の宇佐見りんさんと同じ沼津出身コンビですね!

監督予想される方もいましたよ!

スポンサーリンク

『推し、燃ゆ』のネタバレあらすじや感想は?

読書メーターなどの読書感想サイトだけではなく、ツイッターにも感想を挙げている方が多く、若い人も読んでいるひとがたくさんいるんだなぁと感じました!

令和の純文学。内容は、学生時代に韓国アイドルにドはまりしていた時の自分と重ね合わせながら読んでしまった。自分のSNSやブログとリアルとの口調が少し変わるのも、推しの一言一句を理解するためのレポを取り始めるのも、何となくの雰囲気で何かあったのかもと察してしまうのも、とても共感できた。青の見開き、青の糸で雁字搦めになっている表紙の女の子。推しが世界の中心だったんだろうな。「推しは推せるときに推せ」そんな令和のことわざを思いながら、今日も推しの曲を聴こうと思う

読書メーター

https://twitter.com/hinata_pt/status/1351868667059847169?s=20

スポンサーリンク

『推し、燃ゆ』はオタク向けで映画化?ネタバレあらすじや感想を調査【まとめ】

以上「『推し、燃ゆ』はオタク向けで映画化?ネタバレあらすじや感想を調査」と題し、芥川賞受賞の『推し、燃ゆ』のオタク向け説や映画化についてなど感想を紹介してきました!

 

作者の宇佐見りんさんはなんと某有名私立大学2年生

可愛らしい方で彼氏がいるかも気になりましたので調べてみましたよ♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!