ふぁんふぁんニュース
TV

35歳の少女第1話のネタバレ感想!柴咲コウが号泣!鈴木保奈美が?

35歳の少女第1話のネタバレ感想!柴咲コウが号泣!鈴木保奈美が?

10月10日からスタートした「35歳の少女」。

King Gnuの新曲が主題歌と言うことでも話題ですね!

柴咲コウさんが10歳の少女を演じる?と言うことで話題になっていますが、どんな内容なのでしょうか?

ストーリーもさることながら、柴咲コウさんら女優さんたちの衣装や、竜星涼さん演じる引きこもりのTシャツ文字が気になると話題です。

 

では、さっそく見ていきましょう。

この記事では「35歳の少女第1話のネタバレ感想!柴咲コウが号泣!鈴木保奈美が?」と題し、35歳の少女第1話のネタバレ感想を紹介していきます。

スポンサーリンク

35歳の少女 1話 ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

#三十五歳の少女 #日テレ #10月10日スタート #望美起きろ!

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 –

ご機嫌で自転車をこぐ10歳の今村望美。

おつかいに向かう途中、歌を歌い坂道を下っていくが…

ブレーキが利かない!

 

望美は叫びながら、ガードレールに…

 

暗転

 

 

電気ショックと病院の警報ベル、それらが重なり、25年間の眠りから目を覚ました今村望美。

のぞき込む白髪のおばあさんは、ママだった。

 

ママは、すぐにパパと妹の愛美に連絡を取り、病院に呼び寄せた。

 

しかし、妹はすでに家を出ており、パパは離婚し再婚相手と暮らしているが、連れ子は引きこもりという状況。

 

望美はまだぼんやりとした感覚の中で、夢を見ていた。

 

夢の中では、望美は、家族の前で作文を読んでいた。

「わたしは早く大人になりたいです。

みんな私の家族みたいになってほしいです。」

 

目が覚めると、桃を手にした母親が待っていました。

 

パパは、ハウスメーカー勤務。

昔は社長賞も受賞したやり手営業マンだったが、今ではしがないオジサン従業員。

妹は広告代理店勤務で、密かに付き合っている上司から理不尽な仕事を押し付けられてイヤイヤ残業をする日々。

 

ママは、来週には退院し、母は退院した日はパーティをするからとまたもや2人を呼び寄せます。

 

望美は、25年ぶりに自宅に帰ってきました。

回想シーンではピカピカだった家がぼろぼろに…

自室に行くと、大事にしていたカメのぬいぐるみと小説「モモ」。

 

今夜の料理は「すきやき」、それを聞いてパパと妹はぎょっとする。

25年前のあの日の料理がすき焼きで、事故に遭った望美は豆腐を買いに行くところだったからだ。

自転車のブレーキを直す忘れたパパ、おつかいを断った妹。

彼らに「今日から前に進むために」と言いすき焼きをつくるママのちぐはぐな思いが、そこにはあった。

 

食卓を囲むと、来客が。

望美の初恋の人、広瀬結人だった。

望美のこころの声は

「このおじさんがゆうとくん…」とショックを隠せません。

 

望美は、ママに促され借りていた小説モモを返しました。

結人も夕食に参加。

広瀬は今勤めている小学生の先生という仕事について語りはじめ、望美はその様子を見て、気持ちが明るくなってきたのだ。

 

が、いきなりキレ始める広瀬結人。

本当は、教師はもう辞めて、代行屋として暮らす日々を送っていました。

 

そして、広瀬優斗はママに殴られます。

望美は大声を出して号泣。

 

彼女の目の前で、妹愛美も便乗して今の現実を暴露。

望美が事故に遭ってから、かまってもらえなかった愛美。

そしてママと離婚し再婚したパパ。

 

その夜、愛美は、彼氏の家に行ったら、仕事のできない後輩と浮気中だった。

 

望美はその夜、昔アナウンサーごっこをして録音した音声を聞きながら眠りにつくのだった。

 

翌日、ママに黙って、つえを突きながら向かった先は小学校。

ママは広瀬に連絡し探しに行かせました。

町は25年でまったく変わってしまっていました。

 

その中で昔の雰囲気のままだった図書館に入っていく二人。

小説「モモ」の一説を口にして、

「やだこんなの…この顔も…」と泣き出す望美。

 

広瀬は、「ゆうとくん教えるの上手だから先生になったらって言われて、先生になった」。

そして「初恋なんだ。俺はおまえが好きだった。

だから、お前は目覚めてよかったんだ。」と告白。

図書館でもう一度、モモを手渡した。

 

帰宅後、望美は家の前で表札に気づき、今時岡望美ということに気づいた。

そして、家の中で、姿見鏡で自分を直視したのでした。

 

ママの回想シーン。

ママは事故に遭ってから目覚めない望美を来る日も来る日も看病してきて、35歳の誕生日がきました。

これ以上頑張る気力がない、と眠る望美に背を向けて涙を流しました。

すると、ベッドの上の望美の瞳が開かれたのでした。

スポンサーリンク

 

35歳の少女 1話 感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

#三十五歳の少女 #日テレ #10月10日スタート #望美起きろ!

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 –

ママが怖すぎます!

鈴木保奈美、迫力満点ですw

事あるごとに、元夫や愛美を見開いた眼で脅しつけるシーン、従わなきゃ刺すわよって言っているみたいw

こんなに長女に固執するには何か理由があるのでしょうかねぇ。

 

あと、坂口健太郎演じる結人が、すき焼き食べながら小学生の先生についていい話をしているシーン…

なぜ急にキレたw

すき焼きの沸騰具合と、彼のイライラの沸騰具合がマッチしていて、ビックリしましたが笑えました。

 

柴咲コウ演じる今村望美は、ほとんどしゃべらなかった1話。

中の人でもある、10年前の子役がいい味出していました。

10年前はすごくおしゃべりでおしゃまな感じの望美が、今おどおどして現代に追いつけていないという人格ギャップ。

これからどんな演技をしてくるか、柴咲コウの演技力が存分に発揮されることを期待します!

 

他にも、パパの再婚相手の子どもが引きこもりだったり、愛美の彼氏が浮気していたり、この辺も後々描かれてくるのかなぁと思いました!

 

1話を見るまでは、「ちょっと重いテーマなのかな?」と思っていました。

しかし、ところどころに突っ込みポイントがあり笑えるシーンもあったので、いい意味で期待を裏切ってくれました!

これからモモと言う小説とのつながりや、あとあの映画とも関連があるのでは?という点がいくつかあり、今後の伏線を考えるのも楽しみになってきます!

2話が楽しみです。

スポンサーリンク

35歳の少女1話 視聴者の声!

35歳の少女の1話を見た視聴者の声を紹介します!

私もそう思います!

確かに(笑)

こんなカオ嫌だって…贅沢です

この泣き方、圧巻ですね。

このカメのぬいぐるみ、気になります!

そうなんです!

引きこもりに竜星涼くんが出てくるって、きっと後で活躍しそうです!

最後に、伏線やこれからの重要ポイントをまとめます!

スポンサーリンク

35歳の少女第1話のネタバレ感想!柴咲コウが号泣!鈴木保奈美が?まとめ

以上「35歳の少女第1話のネタバレ感想!柴咲コウが号泣!鈴木保奈美が?」と題し、35歳の少女第1話のネタバレ感想を紹介してきました!

最後にまとめます!

  • 苗字が「時岡」になった
  • パパの再婚相手の息子は引きこもり
  • 妹の彼氏は浮気中
  • 小説「モモ」との関係は
  • ママはなぜあんなに怖いのか
  • 結人はなぜ教師を辞めたのか
  • 望美のカメが気になる

微妙だったから1話でやめようかな…と思っていまいしたが、2話も見ようと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!