真犯人フラグ

柿澤勇人の劇団四季退団理由は何?春の目覚めやシンバで出演?

新ドラマ「真犯人フラグ」に山田元哉役で出演の柿澤勇人について詳しく紹介します。

柿澤勇人は劇団四季を退団した過去があるのをご存じでしょうか?

劇団四季に入団したきっかけや出演作品も調べました。

柿澤勇人が劇団四季を退団した理由などぜひご覧ください。

スポンサーリンク

柿澤勇人の劇団四季の退団していて理由は何?

柿澤勇人が劇団四季を退団したのはなぜでしょうか?

まず、劇団四季に入るきっかけから紹介します。

 

柿澤勇人は、幼少期からサッカー少年でした。

プロを目指し強豪校「都立駒場高校」に入学しサッカー部に入ります。

 

高校1年生の時、劇団四季「ライオンキング」を観劇し「こんな世界があるんだ」と衝撃を受けました。

このことがきっかけで劇団四季を目指した柿澤勇人ですが、高校在学中はサッカーに打ち込みミュージカルのレッスンは一切しなかったそうです。

 

幼稚園から大学までエスカレーター式の学校から、サッカーのために別の高校を選んだので、これ以上親に迷惑をかけられないと考えたのだとか。

高校卒業後、劇団四季への道は家族にかなり反対されました。

柿澤勇人の祖父の清元榮三郎は三味線奏者で、曾祖父の清元志寿太夫は浄瑠璃の語り手なんです。

2人とも人間国宝というすごい人なのですが、芸の道の厳しさを知っているからこその反対だったんですね。

 

大学進学するという家族の条件に従い、大学に通いながら劇団四季のオーディションを目指しレッスンに励みました。

そうやって100倍以上の難関である劇団四季の養成所に入所し、2007年入団することになったんですね。

 

努力して勝ち取ったのに、2009年に柿澤勇人は劇団四季を退団してしまいます。

その理由は、主演を務めたときがとても楽しく「もっと視野を広げたい」「演技を追求したい」と考えるようになったからなんです。

嫌になったのではなく、前向きな理由だったんですね。

そして、もっと勉強しようと休学していた大学に復学し、2年生の時単位を取れるだけ取って現在の事務所ホリプロに所属したそうです。

 

劇団四季では主演も務め成功したといってもいい状況で、大学を辞めなかったこともすごいですね。

高校でのサッカーといい、大学といい、中途半端で投げ出すようなことをしない人なんですね。

スポンサーリンク

柿澤勇人は春の目覚めやシンバで出演?動画や評判は?

柿澤勇人は劇団四季を退団するまでの2年ほどの間に主演を演じています。

まずは、2008年「ライオンキング」のシンバ役に抜擢された時のエピソードを紹介します。

 

柿澤勇人がこっそり1人で稽古をしているところに演出家から声をかけられました。

「ライオンキングの稽古をしている」と答えると、歌うように言われ歌うと舞台での動きもできるのかを聞かれます。

実際は覚えていなかったのですが、チャンスを逃さないため「できる」と答え、翌日の「シンバ」を演じました。

結果、十分な演技ができず、その日限りで降板となりました。

 

劇団四季では、突然シンバ役を与え、ほとんどは出来が悪く一日で降板ということはよくあることだそうです。

そこから這い上がらせるという、役者にお客の付くような舞台ではできない育て方は劇団四季だからこそですね。

シンバを1日で降板した翌年の2009年、新作ミュージカル「春のめざめ」で主役「メルヒオール」役に抜擢されました。

 

「春のめざめ」では、2009年8月に膝を痛め1週間ほど上川一哉に交代したものの、それ以外は全公演に出演しました。

気になる柿澤勇人のステージを知りたい方もいると思います。

柿澤勇人が出演した「春のめざめ」のPR動画をご覧ください。

5:33から柿澤勇人のパートです。

歌唱力はさすがですね!

高校を卒業してからレッスンを始めるという、短い期間で主演まで上り詰めるなんてすごいですね!

劇団四季では「人間になりたがった猫」でも主演を演じたそうです。

柿澤勇人は劇団四季を退団するまでの2年で大活躍していました!

スポンサーリンク

柿澤勇人の劇団四季退団理由は何?春の目覚めやシンバで出演?【まとめ】

柿澤勇人が劇団四季を退団するまでの活躍と退団の理由を紹介してきました。

努力と才能の両方を兼ね備えている人だな~という印象ですね!

ドラマ「真犯人フラグ」も楽しみですが、舞台も観に行きたくなってしまいます!

柿澤勇人のこれからの活躍も楽しみです。

error: Content is protected !!